更新News

羽生結弦選手に国民栄誉賞が授与されたことを受け、国民栄誉賞受賞者出身大学ランキングを更新しました。ぜひご覧ください。

ランキング一覧

1位と2位の差は、500人ほど。圧倒的な1位の大学はどこでしょう?
チームとして国民栄誉賞を受賞した「2011年FIFA女子ワールドカップ日本女子代表」のメンバーそれぞれの出身校も集計したので、女子サッカー選手輩出大学が上位を占める結果になりました。
1,2位のアナウンサー数は、他大学を突き放した人数!8位までの大学は全て私立大学です。
1位の大学は、芸術学部から多くの芸能人を輩出している大学。でも、この大学出身のお笑い芸人のリストをよく見ると、芸術学部以外の人もたくさんいて面白いです。
このランキング、2017年度のルーキーを入力した時点で1位が入れ替わりました。昔プロ野球選手を多く輩出していた大学を、近年特にプロへと進む選手が増えた大学が追い抜いたかたちです。ここ数年の動きを見る限り、1位の大学がこのまま2位以下を引き離していきそうな予感がします。
1位の大学は、現役生活を続けながらの通信教育などにも力を入れている大学。ただ、3位以内の大学の出身者数は僅差なので、この先変動もありそうな気がします。
バレーボールは、女子選手の大学進学率が低いのですが、1位の大学は女子選手も男子選手も輩出している大学です。
他のスポーツの出身大学ランキングと比べても、いろんな大学に選手が散らばっている様子のランキングとなりました。
フィギュアスケートの主要な国際大会(オリンピック、ISUチャンピオンシップ、グランプリ大会)で3位以上を獲得したことのあるフィギュアスケート選手の出身大学を、ランキング形式で集計しました。同数で1位の大学が2校あります。
1位の大学は、現行の学制が敷かれる前から、多くの柔道家が入学しています。柔道を通じて、教育の道に進もうとする方が多いせいでしょうか。これをヒントに、1位を予想してから、ランキングを見てみてください。
スポーツ全般に強い大学と、レスリングで圧倒的に強い大学による一騎打ちのようなランキング結果となりました。
競泳、飛び込み、シンクロナイズドスイミング、水球など、水泳選手の出身大学を集計しました。1,2位の大学は、だいぶ昔のオリンピックの頃からの選手を輩出しています。
1位や3位の大学は、全体の学生の人数も多く、総合ランキングでも上位ですが、2位は総合ランキングではそれほどでもない大学が食い込みました。2位の大学の陸上での強さが光ります。
1位はダントツ。なんと2位の大学の4倍の人数を輩出しています。
トップの大学が、他の大学より頭一つ抜きんでた結果になりました。そこから、少し離れて2位が位置し、3位以下は混とんとしている状態です。
現役国会議員のみならず閣僚でもこの大学が1位!2位との差は国会議員出身大学ランキング以上です。
国会議員もやはりここの大学が1位か、と、ほとんどの人の想像通りの大学かも。
1位の大学の出身者数が、2位の大学の出身者数の5倍。圧倒的なランキング結果となりました。
東西の偏差値が高い大学の一騎打ちです。2016年ノーベル医学・生理学賞によって、東の大学が頭一つ出ましたが、今後もこの争いは目が離せません。
100人以上の小説家・文筆家を輩出している1,2位の大学、具体的な出身者リストを見ると、傾向が全く違います。1位の大学の小説家の作品は、小説を読まない人でも映画で知ってるのでは。
昔は高校にも進学しない棋士がほとんどでしたが、今は大学に進学している棋士が増えてきました。1位は2以下とはかなり差をつけたあの大学です。
1位は総合大学ですが、2~4位は美術・芸術系の大学です。並みいる美術・芸術系大学を抑えて、1位を獲得したのはどの大学でしょう?
まだまだ人数が少ないものの、やはりあの大学が1位。また、出身学部をみると工学部が多いのも実感できます。
やはり、毎回オリンピック選手を何人も輩出している大学が、金メダリスト数でも1位を占めています。
毎回のオリンピック代表選手のランキングや金メダリストランキングでは圧倒的1位の大学がある結果になるのですが、金・銀・銅を合わせたメダリストランキングはいい勝負になっています。
1位になった大学はソチ五輪に続いて2大会連続で10人以上の代表選手を輩出しています。ランキングに入ってきた大学の数が前回より増え、スポーツに力を入れている各大学の成果を感じます。
1位は北京・ロンドンでも1位の大学で、不動の強さを示しています。また、ある種目では女子全員の選手が同じ大学出身という状況にあり、大学内で技を磨きあっている様子を想像してしまいます。
1位になった大学は2位の大学の倍程度の人数を輩出しています。他のランキング ではなかなか見かけない雪国の大学が上位に食い込んでいるのも面白いです。
1位は不動のスポーツが強い大学、2位以下もスポーツでよく聞く大学が並んでいます。
雪国にある大学が強いかと思いきや、1位になった大学は東京にある大学です。ランキング全体を見ると、やはり雪国の大学が多いです。
スポーツといえば…という大学が1位です。とはいえ、夏のオリンピックは種目も多いので、いろんな大学がランクインしています。特定の種目に強い大学もわかります。
1位の大学は、2011年のFIFA女子ワールドカップ代表出身大学ランキングでも1位です。
21人の代表選手、全員が大学に進学しているとは限らないのに、3人もの選手を輩出している大学が1位です。